教育者としての一面

私は、先生とは、その字の如く先に生まれたということで、自分の経験から学んだことを学生さんに伝えるのが責務だと思っています。お節介かもしれないですが、それが教育者ではないかと思っています。それが、時代に合わなかったり、人によって違うとは思いますが、私が学生時代の自分に言いたいことは、

  • 若いうちは楽をしようとせずに、何ごとも経験と思って頑張ってやってほしい。特に頭を使って欲しい。単に教えてもらって知識をつけるというだけでは悲しい(やらないよりはマシだけど)
  • 英語はすぐに身につかないので、今必要ないかもしれないけど、コツコツ勉強しておいて欲しい。
  • 勉強といっても、何かすぐに役立ちそうな表面的な知識の獲得(例えばあるプログラミング言語を覚えて何かのアプリケーションを作る)でなく、すぐに役立ちそうもない、論理力、コミュニケーション力などを大学では鍛えて置いて欲しい。

理系にとって、研究室活動というのは、ある意味文系にはない、いろんな経験ができる素晴らしい制度だと思います。その活動に積極的に参加するときっとあなたの人間力が上がると思います。私は、それを少しでも助けるのと、そのmotivationを少しでもあげたいと思っています。そして、上記のような私のメッセージを伝えるための、研究室の方針は、ここです。長いですが、読んでもらえると嬉しいです。 今いろいろ楽しいことがあると思いますが、そればっかりでなく、騙されたと思って、上のような考えで残りの学生生活を過ごしてみてください。40歳ぐらいになった時に私に感謝したくなるかもしれませんよ(?)

教育関連で山下が受賞した賞

  • 奈良先端科学技術大学院大学 情報科学研究科 ベストティーチング賞 (2005年3月)

学内役職

  • システム学科学科長 (2012年度)
  • 副学部長・大学院担当(2016年度、2017年度)

指導した学生さんの受賞

  •  Satoru Maruyama, Workshop on Synthesis And System Integration of Mixed Information Technologies Outstanding Paper Award (2018年3月)
  • 六車利津子 報処理学会システムとLSIの設計技術研究会 優秀発表学生賞(2017年9月)
  • Nurul Ain Binti Adnan 情報理工学研究科研究奨励賞(2017年4月)
  • ⼩野⽥ 将⼈ 2016 年度情報処理学会関西支部学生優秀発表賞受賞 (2016年9月26日)
  • 羽田 健太郎2016 年度情報処理学会関西支部支部大会奨励賞受 (2016年9月26日)
  • 松本涼平情 報処理学会システムとLSIの設計技術研究会 優秀発表学生賞(2016年9月14日)
  • 六車利津子 情報理工学研究科研究奨励賞(2016年3月)
  • 櫛田 耕平 2015 年度情報処理学会関西支部学生奨励賞受賞学 2015年9月
  • Trung Anh Dinh, “A Network-Flow-Based Optimal Sample Preparation Algorithm for Digital Microfluidic Biochips”, 電子情報通信学会 VLD Excellent Student Award(2014年3月)
  • Digital Microfluidic Biochip向けの最適な試料生成提案 (163回システムLSI設計技術研究発表会 優秀発表学生賞受賞)
  • 早苗駿一:PPCに基づく高歩留まり回路の発見的設計手法 (163回システムLSI設計技術研究発表会 優秀発表学生賞受賞)
  • 松尾惇士 IEEE Student Branch English Presentation Competition 2011でExcellent Award受賞(2011年10月)
  • 青木洋士 4th Asian Joint Workshop on ITでBest Poster Award受賞(2012年10月)
  • 大賀健司:少品種高信頼セルを用いた高信頼回路設計手法と信頼性評価手法の提案 (2010 SLDM 研究会 優秀発表学生賞受賞)