ひらめきときめき サイエンス2016

~光の不思議な性質の理解とそれを利用した盗聴不可能な暗号通信の体験~

山下先生による高校生対象プログラム「ひらとき」が8月6日に実施されました。
去年は1人しか集まらず、今年はどうなるか心配してたのですが、逆に定員を超え、17名も集まりました。

内容は、光の不思議な性質を利用した暗号通信を学ぼう、というもの。
光の不思議な性質とは、すなわち量子力学的な性質のこと。この性質を利用した量子計算機は、NGC研の研究分野でもあります。
もっと知りたい!という方はぜひNGC研へ!

今年は、実験装置を大幅に変更しました。
通称イブボックス。
DSC_1582
かなりの時間をかけて鋭意制作しました。
精度がまだ甘かったりで、当日の設営は非常に大変でしたが、何とか実験は成功しました。

ご参加頂いた皆さまに感謝!

それでは、よい夏休みを。