Superconductor党

Superconductor党とは?

近年発展しつつある、超伝導回路に関する研究を行っています。超伝導回路には複数の種類があり、その中でもSFQ回路やQFP回路という回路の研究をしています。

SFQ回路は、多段に接続された超伝導ループの中の磁束を転送していくことによって情報の伝達、演算を行う論理回路です。隣り合う2つの超伝導ループには1つのジョセフソン接合が共有されており、磁束は接合を通過して転送されていきます。この時、接合の両端に電圧パルスが発生することから、SFQ論理回路は電圧パルスの有無を論理状態の”0″、”1″に対応させる回路とみなすこともでます。第2図は、SFQ論理回路の電圧波形です。まず回路全体に電圧パルスからなる周期的なクロックを導入します。クロックパルスとクロックパルスの間の時間がデータの待ちうけ時間であり、この間にデータパルスが到着すれば”1″の入力、到着しなければ”0″の入力とみなします。

詳しくは ↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%82%BB%E3%83%95%E3%82%BD%E3%83%B3%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%BF

このような次世代の超高速計算機の設計方法に関する研究を2013年度から始めることになりました。

 

Superconductor党についてさらに詳しく知りたい方は下のプレゼンテーションをご参照ください!