Stochastic党

Stochastic Computingとは

ビット列における’1’の存在確率を用いた計算手法。

乗算をAND回路1個で実現できるなど、小規模な回路で計算処理が可能。

また、ビットフリップが発生しても誤差が小さいため、エラーにも強いとされる。

Stochastic党の公約:こんなことを目指します

SNG(Stochastic Number Generator)回路の削減と高速化

ビット列長の削減と計算精度の向上

効率的な回路設計

SCMLT

従来 STOCHASTIC
3/8 0.011 0,0,1,0,1,0,1,0
ビットフリップ後 0.111(=7/8) 0,1,1,0,1,0,1,0(4/8)
誤差 4/8 1/8

研究テーマ

Stochastic Computingで目的関数を実現する回路設計

Stochastic Computingで利用する定数値を生成する回路の設計手法

Stochastic Computingの新たな活用

 

Stochastic党についてさらに詳しく知りたい方は下のプレゼンテーションをご参照ください!