GPGPU党

GPGPUとは


General Purpose computing on GPUは、GPUを画像処理だけではなく、汎用計算に利用する技術です。

GPUの演算コアは「Georce GTX 590」で1024基あり、2.5Tflopsと一昔前のスパコン並みの性能を持ちます。また、演算コアの数は、製造プロセス世代が新しくなるにつれ、増加の一途を辿っており、CPU以上の性能向上を果たしております。そして、誰にでもGPUを使った計算ができるように提供されているのがCUDAです。

 

 

GPGPU党の公約:こんなことを目指します

・シミュレーションの高速化を実現
既存のシミュレーションをGPUで実装することにより、時間のかかる処理をより短時間で解決する。既存手法では扱えないような大規模回路のシミュレーションの問題解決を目指します。

・より高速な並列化の提案
特定の処理に特化したGPUを、より汎用的な目的に利用する方法を研究します。つまり、並列化できる処理はないか考えます。そして、並列処理を考慮できるプログラマになります。

・GPUを用いることで、環境問題、少子化問題、食糧問題等を解決し、日本の復興と再生を描きます。

 

 

こんな研究テーマが考えられます

・ソフトエラーの解析プログラム

・普通の回路シミュレーション

量子回路シミュレーション

BDDの並列処理

・マルチGPUを意識したプログラミング

 

 

卒研でやったこと

  • Yuri Ardila「Evaluation of Migration Methods for Island Based Parallel Genetic Algorithm on CUDA」
  • 木田 龍之「GPUを利用した論理シミュレーションの提案と評価」

 

GPUを利用した論理シミュレーションの提案と評価
GPUを用いた、真理値表ベースの並列シミュレーションを行いました。

シミュレーション図