Bio党

Bio党とは?

近年発展しつつある、バイオチップに関する研究を行っています。この分野の世界的な研究者である台湾のTsung-Yi Hoさんと2012年から共同研究開始しました。あと、バイオ関係としてはRNA解析をGPUで行うプロジェクトも生命の西澤先生とたちあげつつあります。バイオチップはこれから大幅に需要がかなり拡大すると考えられています。

 

バイオチップとは

バイオチップとは,イメージ的には小さな科学実験室であるといわれる.

小さいチップ上で試料や試薬など液体を扱うことで,科学反応を行う(混合をし、分析するなど).この操作が、まさに「プログラミング」であり、高度なアルゴリズム設計を必要とされる。

これによって、従来の生化学分析と比べると,多くの利点がもたらされる。

・反応物の量を軽減できる

・反応速度をはやくできる

・ヒューマンエラーが少なくなる

・器具のコストが下がる

情報と関係ないと思ったあなた!甘い!この利用方法はきちんと確立されておらず、大規模なバイオチップをどのように設計するか、どのように利用するかは、高度なアルゴリズム開発とプログラム開発が必要です。そうです、あなたの研究がこの新しい分野に必要とされています!

イメージ:

従来の化学実験室                                            バイオチップ

 

バイオチップの種類

・DNAアレイ・たんぱく質アレイ:

多数のDNA断片をガラス,プラスチックあるいはシリコン基板上に配置する.数万から数十万の遺伝子発見を一度に調べることが可能である.

・デジタルマイクロフルイディクスバイオチップ:

配列のような基盤上で試料を電力で誘導し,反応科学を実現する.

・コンティニュアスフローバイオチップ:

連続的な流体の流れに基づく.多くのバルブから構築.

現在,デジタルマイクロフルイディクスとコンティニュアスフローバイオチップに関するテーマを研究している.

 

BioComputing党の研究テーマ

こんな研究テーマが考えられます

・バイオチップの処理実行時間の最適化

・バイオチップにおけるコンポーネント(ミキサー,フィルターなど)の数の最適化

・チップにおけるコンテミネーション問題

・サンプル(反応物)の量を少なくする

ほかのアイデアがあれば大歓迎

 

Biochip党についてさらに詳しく知りたい方は下のプレゼンテーションをご参照ください!